"JAZZ(2017 )"の記事一覧

"I Know I Dream" Stacey Kent

今年のダウンビート誌の五つ星盤(http://downbeat.com/news/detail/top-rated-albums-of-2018)は5つのアルバムだったんですが、そのいずれも買ってないわ聴いてないわという状況で、ダウンビート誌と自分の愛称は相当悪いことがしっかり判明したと..w 一応、アルバムを書き出しておくと以下…

続きを読むread more

sarah murcia "Noel Akchote" "J'aime tes genoux"

この音源は、ずいぶん前に教えてもらったもの。 ずっと塩漬けにしてあったんですが、今さらながら聴いてみたら予想以上に良かったので紹介に至りました。 sarah murciaは、1976生のフランスのベーシストですが、これまで名前を見た記憶はなし。 そんなベース奏者に1968生の同じくフランス(こっちは男)のギタリストが加わった…

続きを読むread more

Edward Simon "Steel House"

Edward Simonのリーダーアルバムです。Edward Simonのアルバムは過去に4枚買ってますが、前作の紹介が2013年なので、かなり久々に聴いています。  "Unicity"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a43081647.html)  "…

続きを読むread more

Espen Berg "Bolge"

Espen Bergは、2016年リリースの1枚めのアルバムを聴いていまして、その直後の来日ライブをもと、立て続けに聴いています。 アルバム  "monster" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63802222.html) ライブ  "Espe…

続きを読むread more

Jure Pukl "Doubtless"

Jure Pukl はユーレプカルと読むそうです。 まだあまり話題にはなっていないですが、これからまだまだ出てくるんじゃないかと思っているんですが..。 個人的には、2012年のアルバムから(、きっかけはおいといて)、しっかりチェックしておりまして、 これまでに3枚のアルバムを聴いています。 2012年の  &quo…

続きを読むread more

Terje Gewelt "Wow And Flutter"

Terje Geweltの2017年の新作です。 Terje GeweltはChristian JacobとのDUO作で一気にハマって、その後Dag Arnesenのトリオ作を買ったところでひと息ついて、その後は、見つけたら一応確認して買うか買わないか決めているような感じ。 ということで、デュオ作が3つ  "Int…

続きを読むread more

Shahin Novrasli "Emanation"

Shahin Novrasliはシャヒン・ノヴラスリと読むらしいですが、アゼルバイジャン出身で幼少からクラシックで高評価を受けていた逸材らしい。 2014年リリースの下記がデビュー作で、こちらはAri Hoenigが入ったピアノトリオ作でした。  "Bayati" (https://www.amazon.co.…

続きを読むread more

"Three for Three" Mike Moreno

Mike Morenoのリーダー作を買うのはこれが5枚目。 ギター好きとしては、以前から注目していた存在ですが、2012年の"Another Way"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61304962.html)がリリースされてから、次作の"Lotus&…

続きを読むread more

"I am a Man" Ron Miles

Ron Miles盤は、過去に1枚購入していまして、そのときは完全にメンツ買いだったのですが、本作も..。 まぁ、そういうことです。 前作の紹介は以下の通り。  "Quiver" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61755569.html) タイト…

続きを読むread more