"JAZZ(2017 )"の記事一覧

"Paimon: Book of Angels 32" Mary Halvorson

Book of Angelsは、John Zohnの主催するTZADIKレーベルからリリースされているもので、いろいろなミュージシャンがJohn Zohnの曲を演奏してアルバムにするというシリーズです。 個人的にはこれまでに下記2作を購入しています。 Medeski Martin & WoodのVol.11  "Zae…

続きを読むread more

Hogyu Hwang "Straight, No Chaser"

この盤もメンツ買いしたアルバムで、David Kikoski、Adam Rogers、Jeff "Tain" Wattsときたら、リーダーが知らない人でも、食指が動くってもんです。 David Kikoskiは、今年、criss crossからリーダー作が出ているが未聴。 Adam Rogersは意欲作&quo…

続きを読むread more

(U)nity "Live in USA"

先日、No Trunksで行われた、映画 "Cu-Bop" を見る会で入手したパンフレットの付録の音源です。 映画 "Cu-Bop"は、住む場所が違う同じCuba出身のAxel Toscaとcesar lopezの音楽を通して、Cubaの日常 と(過去形となった)現実を描いた映画(でいいのか…

続きを読むread more

"In the Shadow of a Cloud" Yelena Eckemoff Quintet

Yelena Eckemoffはモスクワ出身の女性ピアニスト。のちに亡命してアメリカで活動をしているようです。 過去に10枚くらいはリーダー作が出ているよう。ただし、個人的には、いずれも未聴でこれが初。 購入動機は、紛れもなくメンツ買いであります。 そのメンツは、 Yelena Eckemoff(P)、Chris Potter…

続きを読むread more

"Jigsaw" Alan Ferber

ビッグバンドというより、ラージアンサンブルのサウンドを目当てにしての購入。 これまで、Maria Schneiderを筆頭にDarcy James Argue、Christopher Zuar、Monika Roscher等々といろいろ聴きまくってきていますが、全貌というにはまだまだ足りない状況のようです。 先日(2017年7月)…

続きを読むread more

"Ozone Squeeze" Oz Noy

Oz Noy の新作です。 2012,2014,2015とTwistがついた作品をリリースした後、前作はファンクを前面に出した作品をリリース。 このペースからいくと、比較的短いインターバルでの新作リリースと言えるでしょう。 Twistのつく3作品が下記。  "Twisted Blues Vol.1"(htt…

続きを読むread more

"Our Point Of View" Blue Note All-stars

オールスターセッションっていうと、緊張感が感じられないお決まりのソロ回しをソツなくこなして終わるような馴れ合いの演奏を予想してしまい、実はあまり食指が動かないのが正直なところではあるが、本作に限ってはメンツがメンツなんですぐに買いを決めている。 参加の6人のすべてがリーダー作を楽しみに買っている面々。さらに、重鎮2名がゲストとし…

続きを読むread more

Mark Guiliana "Jersey"

Mark Guilianaのリーダー作を買うのはこれが4枚め。 前作の"Family First"のあとに出たAlternate Takesまで買っているのは...(笑)  "My Life Starts Now"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/art…

続きを読むread more

"Unfiltered Universe" Rez Abbasi

Rez Abbasiのリーダー作は過去に3枚購入してまして、以下の通りクインテット、トリオ、カルテットという構成の異なる編成でした。  "Suno Suno"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61027662.html)  "Continuous Be…

続きを読むread more

"Hybrid" Jure Pukl / Matija Dedic

スロベニア生まれのサックス奏者Jure Puklと、クロアチア生まれのピアニストMatija Dedicの双頭名義のアルバム。 双方とも過去に2枚ずつリーダー作を聴いている面々ですが、さらに、ベース、ドラムに良いメンツを揃えてきているところで、買いを決めています。 Jure Pukl  "Abstract Socie…

続きを読むread more

John McLaughlin "Live at Ronnie Scott's"

John Mclaughlinの4th Dimentionの新作です。 2010年に初作がリリースされ、これで5作めになりますが、ハードな演奏を繰り広げる割には、長きにわたって活動を続けていて、ちょっと驚くほど。  "To The One" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/…

続きを読むread more