"JAZZ(2017 )"の記事一覧

"Inspired" Rale Micic

クレジット上、Rale Micicがリーダーのような記載もありますが、ジャケット上は4人のギタリストが並列に書かれているので、リーダー無しで良いのかもしれません。 ただ、ArtistShareレーベルからのリリースなのでメンツとの関連を考えるとRale Micic発起人ということかもしれませんが。 この盤は、完全にメンツ買いで…

続きを読むread more

"Seven" Scott Colley

Scott Colleyのリーダー作は、ここのところArtistshareからのリリースで、前作が2010年紹介の  "Empire"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59871737.html) が近作で、その後再発盤ってのがありまして、こちらも聴いています。…

続きを読むread more

"Hudson" Jack Dejohnette

アルバム上、4人が並列表記になっているのと、プロデュースがHudson名義になっているので、この4人でのユニットを結成したというのが表層的なところであるが、実質的にはJack Dejohnetteが先導している気がするのは気のせいか。 メンツは、共演してなさそうで共演してるような感じの面々を集めてきているような印象で、なかの2人…

続きを読むread more

Linda May Han Oh "Walk Against Wind"

Linda OhがLinda May Han Ohとミドルネームをいれた初のアルバム。 Fabian Almazanと結婚したことで、いろいろと身辺に変化が表れているようで、本作がCDでのリリースはなくダウンロード音源だけでのリリースされるのも、Fabian Almazanの主義に同調したためと思われる。 前作は、2013年に…

続きを読むread more

James Brandon Lewis Trio "No Filter"

James Brandon Lewisの新作で、これは、先日の新譜会(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64161769.html)で聴かせてもらって、おもしろかったので全貌を聴きたくなったもの。 James Brandon Lewisのアルバムは、"Days of Free…

続きを読むread more

Fabian Almazan "Alcanza"

Fabian Almazanの新作は、CDでのリリースはなく、ダウンロード音源だけでのリリース。 これは、Fabian Almazanが環境問題への関心が高く、その主張としてモノ(CD)としてのリリースをしないことから、ダウンロードだけでのリリースになっているようです。 先日、Linda Ohと結婚されていると思いますが、彼女の新…

続きを読むread more

Christian Sands "Reach"

Christian Sandsのリーダー作を買うのはこれが初めて。 Christian Sandsを意識したのは、Christian McBrideのライブ盤   "Live at The Village Vanguard" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6…

続きを読むread more