"JAZZ(2017 )"の記事一覧

"Preverbal" Matthew Stevens

Matthew Stevensの、これが2作めのリーダー作になると思います。 初リーダー作は、2015年の"Woodwork" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63289272.html)。 メンツは、この初リーダー作でも共演していたEric Doob、V…

続きを読むread more

Federico Casagrande "Fast Forward"

Federico Casagrande というイタリア系のギタリストのリーダー作で、これが個人的には初聴き。 宣伝文句で、コンテンポラリ系ギターが聴けそうということで購入に至っていますが、それ以上の期待感って感じもありません。 Joe Sandersは、ジャケが印象的なデビュー作 ”Introducing” (http://jaz…

続きを読むread more

"Bleu" Hermon Mehari

Hermon Mehariというトランぺッターの初リーダー作ですが、これもリーダーは知らない人のをメンツ買いしたもの。 ここのところ、Aaron Parks参加作が多くリリースされているんですが、性懲りもなくそれらを見つけては買いしていたら、以下のような状況になってて我ながらビビってます(嘘)  Luigi Masciari &…

続きを読むread more

"Dreamer Is The Dream" Chris Potter

Chris PotterのECMレーベルからの3作めです。 前作は、Underground名義の弦楽四重奏入りで、ECM初作の"Sirens"は本作同様の1ホーンカルテットでした。  "Sirens" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61…

続きを読むread more

"Find The Way" Aaron Parks

Aaron ParksのECMの2作めは、ピアノトリオ編成。 前作は、ソロでした。  "Arborescence" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62400736.html) Aaron Parksのリーダー作としては、昨年夏に同じくピアノトリオ作が出て…

続きを読むread more

"Gratitude" Dayna Stephens

Dayna Stephensの新作は、前作の続編と言った感じの作品で、同じメンツで同様にバラード集のリリースです。その前作は2015年紹介の下記。  "Peace" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63057956.html) 前作のときも、うなったんです…

続きを読むread more

"Recurring Dream" Mike Mcginnis

本当にここのところ、自分でも唖然とする程リーダー知らない人で参加メンバーだけで購入を決めている盤が増えています。 冷静に考えて、ピアニストで言うと、Herbie Hancock、Joey Calderazzo、David Kikoski等々これまでも脇役で奏したときに、無責任にのびのびと良い演奏を聴かせるミュージシャンが多数いるこ…

続きを読むread more

"Stay There" Jorge Rossy

Brad Mehldauの"The Art of Trio"でのドラマーだったJorge Rossyは、その座をJeff Ballardに譲った(?)あと、スペインに戻ってベース以外の楽器での活動をしているようで、過去にピアノを弾いた作品ってのがあったんですが、  "Wicca" (https…

続きを読むread more

Luigi Masciari "The G-Session"

イタリアはナポリ出身ののギタリストLuigi Masciariのリーダー作です。 と、書き出してみましたが、Luigi Masciariと言う人は過去に聴いたことなし。 たぶんこれが、2枚目のリーダー作。ドラムのRoberto Giaquintoは、同じナポリ出身の同郷人。 で、この盤の購入動機ですが、最近とみに多いメンツ…

続きを読むread more

Jasper Somsen "A New Episode in Life Pt. I"

Jasper Somsenはオランダのベーシストのようですが、この盤もメンツ買い。 個人的に大いに気になるピアニストJean-Michel Pilcに、フランスの大御所ドラマーAndre Ceccarelliを擁したピアノトリオです。 このメンツでアルバムを作れるんだから、Jasper Somsenの実力も大いに期待できます。 …

続きを読むread more

Nicolas Kummert "La Diversite"

この盤はLionel Loueke買いではあるが、過去にLionel Louekeのアフリカ臭に好感触を得ていなかったこともあるので、試聴をしたうえでの購入。 Nicolas Kummertはベルギーのサックス奏者でシンガーであるとwiki(https://en.wikipedia.org/wiki/Nicolas_Kummert)…

続きを読むread more