"新着"の記事一覧

"Blue Has A Range" Steve Cardenas

Steve Cardenasのリーダー作を聴くのは、2010年の下記アルバム以来なので、なんと10年ぶりということになる。  "West of Middle" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59800845.html ) 名前の記憶はずっとあるので、リーダー作を出し…

続きを読むread more

"In Pursuit" Donny McCaslin

Donny McCaslinのリーダー作は、wikiの記載では、1998年の"Exile And Discovery"から2018年の"Blow."まで13枚記載がありますが、2008年の"Recommended Tools"からは出たら買いしていて、初作はあとから聴いてまして、このうちの8枚を聴いています。 その記録は以…

続きを読むread more

"1962" Ricardo Grilli

Ricardo Grilliというブラジル出身のギタリストの2枚めのリーダー作 前作の紹介は下記  ”1954” (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64018927.html ) 真偽は定かではないが、両親の年齢がアルバムタイトルになっているとか... 前作は、…

続きを読むread more

"Malosetti & La Colonia" Javier Malosetti

アルゼンチンのベーシストであるJavier Malosettiのリーダー作ですが、自blogでは出てこなかったので、初聴きになる人。。 ほぼジャケ買いみたいな感じで、どんな音楽を演っているかは..。 メンツは、基本はピアノトリオですが、持ち替えとゲストが入るので多彩なサウンドが鳴っていることが容易に想像できる。  Ja…

続きを読むread more

"Dizzy Atmosphere" Dave Douglas

Dave Douglasのリーダーアルバムを聴くのは、2017年の下記以来。以前は積極的にいろいろ聴いていたが、自身のレーベルからのリリースのため多作なのでいつしか積極的にには買わ(え)なくなっているような状況。  ”Brazen Heart Live at Jazz Standard Saturday” (https://j…

続きを読むread more

"Live At National Sawdust" Davy Mooney

Davy Mooneyというギタリストのリーダー作で、自blogを漁っても、参加作も見つからなかったので、初聴きになる人。 先日、別の調べごとをしていたらPMGの"Last Train Home"を John Pizzarelli と共演してカバーしている演奏(https://www.nicovideo.jp/watch/…

続きを読むread more

“Hero Trio” Rudresh Mahanthappa

Rudresh Mahanthappaのリーダー作を買うのは2015年の作品以来ということになるので、実に5年ぶりの新作ということになる。 ゴリゴリのサックスはそこそこ人気があると思っているのだが、そこまでリーダー作を出せないほどなのかと、少し驚くくらい。  ”Bird Calls” (https://jazz-to-a…

続きを読むread more

Kurt Rosenwinkel "Paris 2020"

Kurt Rosenwinkelのスタンダードトリオの最近作"Angels Around" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/474875971.html )がリリースされる直前に行われたライブ音源です。 Kurt Rosenwinkelのスタンダードトリオというと、過去に…

続きを読むread more

"Roundagain" Redman, Mehldau, Mcbride, Blade

こういうメンツでアルバムを作ってしまうところが凄いわけですが、これだけのメンツを揃えられたら、それは買わないわけにはいかず..。 そんなメンツは以下のとおり。 Joshua Redman(Ts)、Brad Mehldau(P)、Christian Mcbride(B)、Brian Blade(Ds) 演奏曲は、…

続きを読むread more

Lyle Mays Trio "Atlanta 1981"

Lyle Mays Trioの1981年の音源。 一般の販売(正規リリース?)で、2枚組のリリースが告知されていたもので、Lyle Maysのトリオでの演奏は希少なはずなので聴いてみようと思っていたのですが、たまたまBoot音源を眺めていた時に、同じ音源の3枚組のものを見つけたので、これはこっちでしょう。と買いを決めたもの…

続きを読むread more