"新着"の記事一覧

"Triple Play" Oz Noy

Oz Noyの新作です。直近の紹介が2023年7月なので1年に2枚のアルバムをリリースしたってことになります。  "Squeeze It" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/500054418.html ) これは、Ozone Squeezeの2作めという扱いだったという…

続きを読むread more

"Dust Settles" Pete Zimmer

Pete Zimmerというドラマーの6枚めのリーダー作になると思いますが、この人は初聴き。 ただし、他のメンツは知ってる名前が並ぶ。 Peter Bernsteinは言わずもかな。 Stacy Dillardは、"Good & Bad Memories" (https://jazz-to-audio.sees…

続きを読むread more

"Scenes" WYP TRIO

南さんの新作は、映画のエンディング曲を収録したもの。 その映画は、「白鍵と黒鍵の間に 」(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a53793479.html )で、2008年に出版された南さんの著作。 映画は、ここに書かれている話(バブル期のたぶんほぼ実話)を元にして、コミカルに仕…

続きを読むread more

"Old Folks" 渋谷毅 / 武田和命

渋谷毅と武田和命が共演した記録で、1985年12月に西荻窪のアケタの店で行われたライブの音源とのことで、正式録音ではないようです。 後述のとおり演奏の途中で話し声が入ってたりするのですが、記録が残っていたことが凄いことだと思います。 武田の演奏は、過去に渋谷毅オーケストラを除くと下記2作を紹介していますが、この頃の日本人…

続きを読むread more

"波紋" 菊地雅晃

菊地プーさんの甥にあたる菊地雅晃のアルバム。 wikiには、菊地成孔のQuintet Live Dubに参加していたとありますが、このユニットではアルバムは出てないので、自blogで菊地雅晃を検索してもなにも引っかかりませんでした。 Dub Sextetでは3枚もアルバム出ているんですが..。 菊地雅章Slash Trio…

続きを読むread more

"Swing Low" Michael Dease

Michael Deaseのリーダー作を聴くのはこれが初です。 調べると、2005年から15枚以上のリーダー作を出していて、縁がなかったというか、トロンボーンとかバリトンサックスの人のリーダー作になかなか手が出ていないということでしょう(偏見) 前作のメンツもそそられるので、あまり偏見を持たないほうがいいと思います。  "…

続きを読むread more

"This" J.D. Allen

J.D. Allenを聴くのは2019年の作品以来。  "Barracoon" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469927974.html ) これが自分の聴く2枚めのリーダー作ということになるが、調べると(wikiが詳しい https://en.wikipedia.…

続きを読むread more

"Echo Canyon" Art Hirahara

Art Hiraharaのリーダー作を聴くのは、今年初頭紹介の下記作以来。この時期の紹介なので2022年の作品で、今回も年末には聴いているので、年1枚リリースというペースが出来上がっているということでしょう。  "Verdant Valley" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article…

続きを読むread more

"Uncle John's Band" John Scofield

John Scofieldの新作がでました。これがECMから出る3作めということになります。 前2作が、ちょっと企画ものぽい感じがあったので、今作がJohn ScofieldのECMでの本領ではないかと推測。 前作がソロ作 "John Scofield" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/a…

続きを読むread more

"SYMBIOSIS" 竹内直, 市川秀男

竹内直は、自blogを漁るとスガダイローのアルバムに参加しているものがいくつか出てくる。 ライブは2011年に2回見ています。  "20110304" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60335620.html )  "20111113" (https://jazz-t…

続きを読むread more

"Tranesformation" Brian Melvin

Brian Melvinのリーダー作を聴かせてもらう機会をいただきました。 Brian MelvinというとJaco Pastoriusの晩年に共演していた人として認識しています。 なもんで、まだ活動をしていたのかと、正直ちょっと驚いたんですが(汗 もっとも、Jaco Pastoriusと共演していた頃は相当若かったらしい…

続きを読むread more

"Locura de Amor" 天辰直彦, 永武幹子

永武幹子がデュオでのアルバムを出すのはこれが3枚め。  加納奈実との"Jabuticaba"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/481276617.html )、  吉田哲治との"Live at なってるハウス"(https://jazz-to-audio.seesaa.n…

続きを読むread more