"JAZZ(2019)"の記事一覧

"Offering" Perico Sambeat

Perico Sambeatというスペインのアルトサックス奏者のリーダー作ですが、このリーダーの名前は初めて聞く名前。購入動機は、そのリーダー以外のメンツが良かったところで、ドラムがE.J.Strickland、ピアノがDanny Grissettで、さらにベースが名手Ugonna Okegwoは、聴かない理由はないんじゃないかとい…

続きを読むread more

Chick Corea Akoustic Band "Live"

Chick Corea Akoustic Bandは、Chick Corea Elektrik Band(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/36622621.html)のリズム隊を担っていた3人が結成したバンド。1989年に最初のアルバム Chick Corea Akoustic(https://ww…

続きを読むread more

Finding Gabriel" Brad Mehldau

Brad Mehldauも実はかなりな多作の人で、昨年リリースだけで下記3枚が "After Bach"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64473698.html) "Seymour Reads The Consitution!"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxa…

続きを読むread more

"Arvoles" Avishai Cohen

ベーシストのAvishai Cohenのリーダー作。彼のリーダー作は、前作が、2017年の"1970"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64310084.html)で、その前が2015年の"From Darkness"(https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/63132…

続きを読むread more

"Across The Sea" Kevin Hays / Chiara Izzi

本作は、Kevin Hays, Nir Felder, Chris Potterなんて名前で購入を決めていますが、3曲めでPat Metheny のJamesを演ってるのもちょっと気になっているところ。 Chiara Izziというイタリアのボーカリストとの双頭アルバムなので、個人的嗜好からは微妙な部分もあるが、メンツの良さは筆舌…

続きを読むread more

"Begin Again" Fred Hersch / Wdr Big Band

Fred Herschの新作は、ビッグバンドとの共演。 Fred Herschも、最近あまり気にせず全部買いしているので、この作品の意義とかあまり気にせず買いを決めてますが..。 これまで聴いてきたFred Herschのアルバムは大半がソロかトリオで、菅との共演がAnat Cohenとのデュオ作だけを聴いています。  &qu…

続きを読むread more

"After Life" Noah Preminger

本作は、聴かせていただいた作品です。ありがとうございます。 下記、メンツを見ても、リーダー以下知ってる名前が非常に少ないのではありますが、criss crossレーベルなので、それだけを頼りに購入を決めている方も多数いたんじゃないかと推測できます。 個人的にも、トランペットのJason Palmerは過去にリーダー作(htt…

続きを読むread more

Gwilym Simcock "Near & Now"

Pat Methenyが、Lyle Mays以来のレギュラーバンドにキーボーディストを擁したツアーを行ったのが2016年だったか。 このバンドの実況録音は、下記アルバムで聴いているのですが  "Dusseldorf 2018" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a…

続きを読むread more

"No Man Is An Island" Ziv Ravitz

Ziv Ravitzの名前は、ここのところ、CD買ってきてクレジットを見るとちょこちょこ名前を見かけていた人。 自blogで参加作を漁ると、Shai Maestro、Yaron Hermanのここのところ注目度高めの2人のピアニストのアルバムに参加していることがわかります。 自分が名前を覚え始めたのを良いことに、これが満を持しての…

続きを読むread more

"Further Chaos" Gilad Hekselman

Gilad Hekselmanのリーダー作は、昨年の下記作品以来ということになります  "Ask For Chaos"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64669211.html) が、参加作は多く、自blogを検索して2019年だけ抜き出しても3枚出てきます。…

続きを読むread more

”Ambar” Camila Meza

Camila Mezaは前作をメンツ買いして、メンツの演奏もさることながら、曲の良さに、Camila Mezaの歌唱、さらにはギターと、こりゃ凄いとうならされてからの付き合いです。  "Traces" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63713763.html) このア…

続きを読むread more

"VOX" Pedro Martins

Pedro Martinsは、Kurt Rosenwinkelの"Caipi"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64023568.html)で共同プロデュースをしているという情報で知った人。 Kurt Rosenwinkelを惹きつけるだけの、演奏テクニックと音楽…

続きを読むread more