"JAZZ(2019)"の記事一覧

Baptiste Trotignon "You've Changed"

Baptiste Trotignonの新作は、Baptiste Trotignonのソロとゲストが入ったほぼデュオが混ざっているような構成。 下記曲名の後ろに書いてあるのが主なゲストということになります。 近作は、Yosvany Terryとの共作の"Ancestral Memori"(http://jazz-to-audi…

続きを読むread more

Spider's Egg "Swr Newjazz Meeting"

Pedro Martinsの入ったバンドの新作が出ているのをみつけて速攻購入を決めた盤。 メンツをよく見ると、Kurt Rosenwinkelの"Caipi"バンド(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64098260.html)のメンバーであった、Frederico Heliod…

続きを読むread more

"Fuck Yo Feelings" Robert Glasper

Robert Glasperの新作は米国では配信だけでのリリース(と宣伝文句にあったん)ですが、日本ではCDとしてのリリースがされています。 あとから調べたら、(https://www.amazon.com/dp/B07YD1CD1Z/ ) 。。。 まだまだ日本では音楽であってもモノとして存在している価値観があるとは言え…

続きを読むread more

"Take One" Christian Sands

Christian Sandsの名前をしっかり意識したのは、たぶん2015年のChristian McBrideのライブ盤だったと思います。  "Live at The Village Vanguard" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63436384.html) 自bl…

続きを読むread more

"Activate Infinity" The Bad Plus

The Bad Plusの新作です。 このアルバムがリリースされる直前に、メンツがThe Bad Plusの2人にCraig Tabornというアルバムがリリースされてました。それが下記。  "Golden Valley Is Now" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/472…

続きを読むread more

"Groove Du Jour" Yes! Trio

この盤は、Aaron Goldberg買いの要素が高めで、Aaron Goldbergのピアノトリオ作としては本年2月のLeon Parkerの入った作品が最近作ということになります。  "At the Edge of the World" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6…

続きを読むread more

Romain Pilon "Ny3"

Romain Pilonは、昨年下記アルバムを購入したことで知った人。 "Copper" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64631602.html) これが4枚めのアルバムで、今日紹介のこのアルバムがデビュー作だったようで2011年の録音とのこと。ここのところ話題性が出てき…

続きを読むread more

"Throw Of Dice" Rez Abbasi

Rez Abbasiはパキスタン系のギタリストで、これまでに下記4枚のアルバムを紹介しています。  "Suno Suno" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61027662.html)  "Continuous Beat" (http://jazz-to-audio…

続きを読むread more

Jeff Denson "Between Two Worlds"

Jeff Densonといっても、その名前に記憶があるわけではなく、実際、自blogを検索してもその名前は出てきません。 が、ドラムがBrian Bladeでギタートリオってのが気になったところ。 実は、ギタリストのRomain Pilonのリーダー作は過去に聴いていて、いぶし銀的な実力が気になっていたというのも購入動機には…

続きを読むread more

"Live At Firehouse 12" Gerald Cleaver

Gerald Cleaverのリーダー作を聴くのは、本年4月に紹介した下記に続いての2枚め。  "What Is To Be Done" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64789001.html) 過去の参加作は、Jeremy Peltの諸作、Yaron Herm…

続きを読むread more

"Again With Attitude" George Colligan

George Colliganのリーダー作を聴くのは、2017年の下記アルバム以来。  "More Powerfull" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64259254.html) このあと、ピアノソロの作品をリリースしているが、これはなぜだか未聴  "Nation…

続きを読むread more