"JAZZ(2019)"の記事一覧

"Somewhere Else: West Side Story Songs" Ted Nash

Winton Marsalisが主催する Jazz at Lincoln Center Orchestra のメンバーでもあるTed Nashの15枚めのリーダーアルバムとのこと。 個人的に、Ted Nashのリーダー作はこれまで聴いたことがないだけでなく、名前の記憶もないような人。 本作は、Steve Cardenas…

続きを読むread more

"Suite Extracts Vol.1" Michael Leonhart Orchestra

Mria Schneider Orchestraを聴いてから、最近のBigBandをいくつか聴いていたが、最近あまり聴いていないなぁと思っていたところで、本作を見つけて久々に購入したのが本作。 過去に聴いているBig Band を適当に掲げておきます。  Big Heart Machine (http://jazz-…

続きを読むread more

Moutin Factory Quintet "Mythical River"

Moutin Factory Quintetは、Francois MoutinとLouis Moutinという仏人兄弟がやってるバンドで、これまでに2枚アルバムが出ています。  "Lucky People" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62255774.html) …

続きを読むread more

"Greene Street Vol.1" Will Sellenraad

この盤は、Fred HerschのレギュラートリオのドラマーであるEric Mcphersonの参加作として聴かせてもらったもの。 ギタートリオだが、リーダーのWill Sellenraadはこれまで聴いたことがない人。 NYで活動しているらしい。 ついでにベースのRene Hartもこれまで聴いていない人で、そういう意味…

続きを読むread more

"Rubberband" Miles Davis

Miles Davisのお蔵入りになっていた音源に手を加えて、今年リリースしたもの。 1985年にCBSからWernerに移籍して録音を開始したようだが、移籍後の最初のリリースは、Marcus Millerがプロデュースした"TuTu"にとって変わられ、お蔵入りした音源。 Miles Davisのお蔵入り音源ってのは、ラ…

続きを読むread more

Victor Gould "Thoughts Become Things"

Victor Gouldは、Jeremy Peltのアルバムで聴いている人です。 メンツは、中規模編成といえる大所帯で管楽器が6本に、弦楽器が4本というもの。 そのメンツには、現在の親分にあたるJeremy Peltの参加と、テナーがDayna Stephens、 ベース、ドラムにVicente Archer、Rodney…

続きを読むread more

Chase Baird "A Life Between"

Chase Bairdというサックス奏者のリーダー作だが、これは完全に未チェックだったもので、さる方に教えてもらったもの。 もっともCDではリリースされていないものなので、チェックが行き渡らなかったとしてもしかたない。 ちなみにリーダーのChase Bairdを自blogで検索すると、ここにも参加しているAntoni…

続きを読むread more

Seamus Blake "Guardians Of The Heart Machine"

Seamus Blakeが活動の拠点をアメリカからフランスに移して最初にリリースした作品。 直近の単独リーダー作としては、2016年の下記らしいが、これはなぜだか未購入  Superconductor(https://diskunion.net/jazz/ct/detail/1006937810) 他は、OPUS5…

続きを読むread more

Eli Degibri "Soul Station: A Tribute To Hank Mobley"

イスラエルのサックス奏者Eli Degibriは、2007年に適当買いしたのがきっかけで、初作を買い込み、以降の作品も全部聴いています。  "Emotionally Available" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a48330148.html) 最近作は、2015年…

続きを読むread more

"Continuum" Bridges

BridgesというノルウェイのバンドにSeamus Blakeが客演してアルバムを作ったもので、実はこれが2作め。 初作も(ジャケに記憶があるので)チェックはしていたのですが、未紹介ということは購入できなかったということだと思います。(実際はどうだったか記憶なし) そんな初作は以下の通り。  "Bridges With Se…

続きを読むread more

"Tenormore" Scott Robinson

Scott Robinsonは、自blogを検索すると、Maria Schneider Orchestraに参加しているのが見つかります。 個人的には、 "SKY BLUE"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a49866431.html)には最高にはまりました。良いアルバムです。 が、…

続きを読むread more