"JAZZ(2020)"の記事一覧

"Snapdragon" Oz Noy

Oz Noyの新作です。 前作が2019年の"Booga Looga Loo" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64796081.html )。 1年1枚弱くらいのペースで新作がリリースされていることになりますが、それだけ安定した人気を持っているってことなんでしょう。 …

続きを読むread more

"Songs From Home" Fred Hersch

Fred Herschがコロナで外に出られない中制作したピアノソロ作です。 個人的に、これまでに聴いているソロ作品は  "Alone at the Vanguard" https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a61865504.html  "Solo" https://jazz…

続きを読むread more

"Lost" Adam Kolker

Adam Kolkerのリーダー作を聴くのは初だが、大所帯バンドのメンバーとしては聴いていて、自blogを検索すると2枚見つかる。  Michel Camiloの"Essence"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/471439431.html )  Mike Holoberの…

続きを読むread more

"Persistence" Amina Figarova

Amina Figarovaは、「アゼルバイジャン出身でバークリー音楽院卒業後、米国内で活動を続けているベテラン」と記載がある女性ピアニスト。 年齢はwikiに記述があったが1964生なので、56歳ということになる。たしかにベテランでした。 これまで演奏を聴いたことがないのは、縁がなかっただけなのか、日本まであまり伝わっ…

続きを読むread more

"High Heart" Ben Wendel

Ben Wendelは、2018年にリリースされた話題作で名前を知った人。  "Seasons" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64723113.html ) メンツの良さもあったが、なかなかに良い作品だったので、新作にも手を出した次第。 本作もリズム陣に、S…

続きを読むread more

"Django-shift" Rez Abbasi

Rez Abbasiのリーダー作が昨年に続いてリリースされています。  "Throw Of Dice" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/472872912.html ) これまでは、2~3年に1枚程度のペースでのリリースが大半だったので、イレギュラーなリリースといえるか…

続きを読むread more

"Rainbow Sign" Ron Miles

Ron Milesのアルバムは、2017年の"I am a Man"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64363302.html )以来ということになると思う。 この前作と同じメンツでの作品がリリースされたので、これも迷わず購入を決めています。 とはいえ、今年4月のBi…

続きを読むread more

"Who Are You?" Joel Ross

最近話題のVibraphone奏者であるJoel Rossの最新作。 前作が昨年リリースなので、これだけ早いペースでリリースしてくるのはそれだけ売れているということなのでしょう。  "Kingmaker"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/474534748.html ) …

続きを読むread more

"Irmaos De Fe" John Patitucci

John Patitucciのリーダー作の最近のものは、2019年の  "Soul of the Bass" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64822138.html ) だが、本作はそれをさかのぼる2016年に録音され2017年にアナログでリリースされていた音源。 …

続きを読むread more

"Toys / Die Dreaming" J.D. Allen

J.D. Allenのリーダー作を聴くのは、昨年の前作に続いて2作め。  "Barracoon" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469927974.html ) 昨年と同じメンツのトリオ作ということで、気になったところが購入動機。 ということでメンツは以下のとお…

続きを読むread more

"On Common Ground" Mike Sopko, Bill Laswell and Tyshawn S…

3人並列表記だが、実質的にはBill Laswellの新作というの認識があっているよう。 個人的に積極的に食指を伸ばしているわけではないが、これは聴かせていただいた音源。 前作、2019年の "Realm Of Spells" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/47070…

続きを読むread more