"JAZZ(2020)"の記事一覧

"Romantic Funk: The Unfamiliar" Orlando Le Fleming

ここのところ、いろいろな人のアルバムのクレジットで見るようになったOrlando Le Flemingのリーダー作です。 最近の参加作を並べると以下のような感じ。  Kevin Field "SOUNDTOLOGY" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/475116363.…

続きを読むread more

"Source" Nubya Garcia

本作はリリース告知は見ていたが、買わずにスルーしたものを聴かせていただいたもの。 Nubya Garciaという女性サックス奏者のメジャーデビュー作ですが、それ以前に自主制作のEPのリリースはあったよう。 UKの新世代ジャズシーンと、Kamasi Washingtonの名前が出てくる宣伝文句なので、おおよその音の傾向はわかる…

続きを読むread more

Soren Lee "Diversity Trio"

Soren Leeはデンマークのギタリスト 本人のhpでは、これを含めて5枚のアルバムを紹介しているので、これが5枚めのアルバムということになりそう。  https://www.sorenlee.com/copy-of-music-1 Disk Unionでは3枚のアルバムがリストされますが、いずれも在庫なし。 …

続きを読むread more

"33" Or Bareket

Nitai HershkovitsとゲストのCamila Mezaで買いを決めたアルバム。 後から調べたら、リーダーのOr Bareketは、Ari Hoenigの2019年のアルバム “Conner's Day”(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469928000.html )に…

続きを読むread more

"Data Lords" Maria Schneider

Maria Schneiderの新作としては、2015年の"The Thompson Fields"以来ということになるのか?  1994 "EVANESCENCE"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a54581376.html)  1996 "COMING ABOUT" …

続きを読むread more

"Valentine" Bill Frisell

Bill Frisellのリーダー作を聴くのは昨年の"Harmony"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/471564172.html )以来。 とはいえ、先日のGregoire Maretの"Americana"(https://jazz-to-audio.seesaa.net…

続きを読むread more

"City Of Dreams" Chico Pinheiro

Chico Pinheiroというブラジルのギタリストのリーダー作で、Chris Potterが客演しているところがミソ。 ブラジルの最近の音楽もいろいろ聴いているつもりではいるが、さすがに層が厚くまだまだ良いミュージシャンがいるんだろうなとは思いつつ、なかなかいろいろと聴き漁るという状況にもなれず..。 本作もChris …

続きを読むread more

"Conspiracy" Terje Rypdal

Terje Rypdalのリーダー作を紹介するのは2006年の下記以来。  "If Mountain Could Sing" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a41143964.html ) ECMを代表するギタリストであることは承知しているが、過去からECMを代表する…

続きを読むread more

"Electric Blue" Mark Egan, Danny Gottlieb

Mark Egan, Danny Gottliebというと、初期のPat Metheny Groupの2人という認識が一般的だと思うが、PMGを離れてからも"element"とか長らく共演を続けてきた2人である。 が、個人的にはPMG以降の活動についてはとくに意識して聴いては来ていません。 個人の嗜好している音楽とはちょ…

続きを読むread more

"Americana" Gregoire Maret

Gregoire Maretというハーモニカ奏者のリーダー作、これまで彼のリーダー作は未聴です。 参加作はいくつか聴いていますが、大半がフル出場ではなくゲストで数曲というところが、ジャズでのハーモニカの扱いを物語っているような..。 このアルバムは、なんといってもタイトルが直球の「アメリカーナ」。このインパクトの強さに、…

続きを読むread more

"The Anthony Braxton Project" Thumbscrew

Thumbscrewというのは鬼才女性ギタリストであるMary Halvorsonを擁したユニットで、これまで3作のアルバムがリリースされています。 それらの紹介が以下のとおり。  "Convallaria" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63924571.html…

続きを読むread more