"JAZZ(2021)"の記事一覧

"Resilient Vessels Live at The Cell" James Brandon Lewis

James Brandon Lewisの2021年のアルバム"Jesup Wagon"が、DownBeat誌の2021年のAlbum of The Year の1位になってるのを教えてもらいまして、こりゃ凄いってんで、いくつかのアルバムを聴かせてもらい、いくつかのアルバムを購入しています。 紹介予定の近作のリリース順ですが…

続きを読むread more

"Jesup Wagon" James Brandon Lewis

James Brandon Lewisの2021年のこのアルバム"Jesup Wagon"が、DownBeat誌の2021年のAlbum of The Year の1位になってるのを教えてもらいまして、こりゃ凄いってんで、いくつかのアルバムを聴かせてもらい、いくつかのアルバムを購入しています。 紹介予定の近作のリリース順で…

続きを読むread more

"Code Of Being" James Brandon Lewis

James Brandon Lewisの2021年のアルバム。 この後紹介予定の"Jesup Wagon" (https://www.amazon.co.jp/dp/B08ZPWTXX4/ )というアルバムが、DownBeat誌の2021年のAlbum of The Year の1位になってるのを教えてもらいまして、こりゃ凄い…

続きを読むread more

"Pinktown 5tet" Pinktown 5tet

フランス南部トゥールーズ出身の若いミュージシャンによるユニットの初作。 メンツは以下の通りだが、若手フランス人となると知ってる名前はありません。 Adrien Dumont(Tp)、Alessandro Torsiello(Ts)、Philippe Léogé(P)、Denis Léogé (B)、Jordi Léo…

続きを読むread more

"Big Rock" Yr3

Yvan Robilliardというピアニストをリーダーとするトリオで、宣伝文句に"E.S.T.の直系の後継者"なんて書いてあったのが気になって購入を決めたもの。 メンツは以下の通りの3人だが、いずれも名前に記憶はなく、初聴きの人だらけのようです。 Yvan Robilliard(P,Key)、Laurent Dav…

続きを読むread more

"Live In Austria" Klemens Marktl

Klemens Marktlというドラマーのリーダー作ですが、本作はDave Kikoski、Boris Kozlovの両名のメンツ買い。 昨年、この2人でアルバムが出てまして、これが素晴らしかったので、この2人の入ったトリオ作の期待感が大きかったということです。  "Sure Thing" (https://jazz-to…

続きを読むread more

"St. George" Molly Miller Trio

No Trunksで開催された2021年の年間ベスト大会(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/485401891.html )で、村上マスターが出してきたアルバムで、なんじゃこりゃ!と驚愕したのですが、リリースがごくごく限られているようで全貌を聴くのにちと苦労したのですが、一般的…

続きを読むread more

"Soul Conversations" Ulysses Owens Jr.

Ulysses Owens JRのビッグバンド作。 発注はしていたんですが、なかなか入荷せず購入を断念したところで、聴かせてもらってこの文章になっています。 2019年12月にDizzy's Clubでのライブ録音。 メンバー構成が、白人、黒人、 黄色と混血。男性と女性と、人種性別を超えて広く集められた人選との…

続きを読むread more

"Hive Mind" Miles Okazaki

Miles Okazakiのリーダー作を聴くのは、2017年の↓以来。  "Trickster" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64124600.html ) このあと2~3枚出ているようだが、なかなか食指が動かないというか購入優先順が高くないというか.. 本作も…

続きを読むread more

"Never Is Enough" Thumbscrew

最近話題のギタリストの1人である、Mary Halvorsonは、自身の名義でのアルバムのほかに、Thumbscrew名義のアルバムが数枚リリースされていて、過去に紹介しているのが以下の通り。 ただし、フィジカルでの発売枚数が限られているのか、なかなか入手できず大半は聴かせてもらっています。本作も聴かせてもらったものです。…

続きを読むread more

"Pasquale Plays Duke" Pasquale Grasso

イタリア出身で1988生のPasquale Grassoというギタリストのアルバムで、これまではソロ作をいくつかリリースしていたらしいが、これまで全然引っかかってきませんでした。 そんなわけで、本作は聴かせてもらった音源です。 どうやら、Pat Methenyが「パスクァーレは他のギタープレイヤーに全く似ていないんだ」と…

続きを読むread more

"Plays Piano" Kurt Rosenwinkel

Kurt Rosenwinkelの新作は、なんとなんとの自信がピアノを弾くソロピアノ作。 コロナ禍で、ライブもセッションもできない中で生み出された作品ということになると思うが、アルバム解説を読むと、両親がピアニストで小さい頃からピアノを嗜んではいたようです。 プロになるのに選んだが気がギターだったのは、我々聴く側からしたら幸…

続きを読むread more