"JAZZ(2021)"の記事一覧

"Coming Down Roses" Billy Test Trio

Billy Testというピアニストの2021年8月にリリースされたリーダー作。 WDR Big bandに在籍している人らしく、自blogを漁ったら、挾間さんのアルバムでピアノを弾いていました。  "Dancer In Nowhere" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a…

続きを読むread more

"Pittsburgh" Matthew Stevens

Matthew Stevensのリーダー作は2017年の下記作以来なので4年ぶり。  "Preverbal" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64179760.html ) 最近は、In Common のほうが印象に残っているか。  "In Common" (htt…

続きを読むread more

"Quartet+" Helen Sung

Helen Sungもおおよそ出たら買いしているミュージシャンです。 あまり話題にはならない人ですが、これまで年間ベストにはしなくても、いずれも満足度の高い作品を楽しませてもらっています。 過去作の紹介は以下の通り。  "Anthem for a New Day" (https://jazz-to-audio.sees…

続きを読むread more

"Becca Stevens & The Secret Trio" Becca Stevens

ここのところ、国内での評価が上昇中のBecca Stevensの新作です。 それまで3年毎くらいのペースでリリースされていた新作が、前作は2020年なので急にリリースペースが短くなっており、さらに配信だけの音源が日本だけフィジカルリリースされていて、急に制作意欲が極限まで増大していることがうかがい知れる。  "Palle…

続きを読むread more

"Live At The Village Vanguard" Christian Mcbride / Inside…

Christian McBrideのリーダー作としては、昨年の作品を紹介しているが、しっかり毎年コンスタントにアルバムをリリースしているのは凄いことだと思う。(紹介は2022年だが、この盤は2021年の作品..) 去年の作品  "Movement Revisited: A Musical Portrait Of Four I…

続きを読むread more

"Songwrights Apothecary Lab" Esperanza Spalding

Esperanza Spaldingの新作は2019年の下記以来なので2年ぶりということになる。  "12 Little Spells" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64819486.html ) その前が、2016年だったので、2~3年ごとのペースでの新作が出て…

続きを読むread more

"Obstacles" Pete Rodriguez

この盤は、新譜情報を眺めていて見つけ、メンツで買いを決めたもの。 そのメンツは、Rudy Royston、Luis Perdomoで、Rudy Roystonは最近Art Hiraharaとのトリオで自blogでの登場頻度は高い。 Luis Perdomoはリーダー作は2016年に紹介しているが、これはあまり。。だった記…

続きを読むread more

“Kind Of Love” Renee Rosnes

Renee Rosnesは、デビューが日本のレコード会社で、その頃(1990)に宣伝にのっかってCDを聴いていますが、その後はとんとご無沙汰していました。  "Renee Rosnes"(https://www.amazon.co.jp/dp/B000008C53/) 2018年にChris Potter入りのアルバムが…

続きを読むread more

"En Attendant" Marcin Wasilewski

Marcin Wasilewskiのアルバムを買うのは、これが3枚め。 過去に聴いているのは下記2枚。  "Live" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64750176.html )  "Arctic Riff" (https://jazz-to-audio.see…

続きを読むread more

"Sounds From The Ancestors" Kenny Garrett

Kenny Garrettの新作がリリースされました。 前作は、2016年の "Do Your Dance!" なので、実に5年ぶり。 もっともその前が2013年の "Pushing The World Away" なので、それくらいのインターバルでの作品作りがペースになっているんでしょう。  "Do Your Dance…

続きを読むread more

"Absence" Terence Blanchard

Terence Blanchardの新作で、これは聴かせてもらったものです。 この前は、2018年,2013年の下記作を聴いています。  "Live" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64509683.html )  "Magnetic"(http://jazz-t…

続きを読むread more

"Soko" Jean-Jacques Rojer

Jean-Jacques Rojerというギタリストの作品で、これは、ドラムにJeff "Tain" Wattsが入っていることで気になった盤。 Jean-Jacques Rojerは初聴きのはずだが、カリブ海にあるオランダの一部(調べた)キュラソー出身で、おそらくこれが初リーダー作。 メンツは他にWarren Wolf…

続きを読むread more