"JAZZ(2021)"の記事一覧

"Live At The 55 Bar" Ben Monder

Ben Monderのリーダー作は2019年の "Day After Day" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64817327.html )以来で、前作もトリオ作でした。 自blogを漁ってもリーダー作はそう多く出てきません。 が参加作が凄く、Maria Schneid…

続きを読むread more

"R+R=NOW Live" R+R=NOW

Robert Glasper, Terrace Martin, Derrick Hodge, Justin Tyson, Christian Scott, Taylor McFerrinと、昨今のジャズを調べていると、普通に目にする面々をズラッと擁した、R+R=NOWのライブアルバム。 スタジオ作は、2018年にリリースさ…

続きを読むread more

"Griot: This Is Important!" Jeremy Pelt

Jeremy Peltの新作は例年通りのペースで、約1年ぶり。 前作は、Vol.1と銘打ったトリオでの作品で、次はVol.2かと予想していたのですが見事に外れましたw  "Art Of Intimacy Vol.1" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/473918098.…

続きを読むread more

"Bud Powell In The 21st Century" Ethan Iverson

Ethan Iversonのプロジェクトで、Bud Powellの曲をラージアンサンブルで再現しようというもの。 Ethan IversonというとThe Bad Plusってことになるが、昨年リリースされたThe Bad Plus名義のアルバムには、なんとEthan Iversonが参加していないのでした。  "Activ…

続きを読むread more

"Road To The Sun" Pat Metheny

Pat Methenyの問題作。 Pat Metheny名義の作品ではありますが、自身が演奏しているのは11曲中1曲だけとのこと。 自身が演奏しないことをコンセプトにしたアルバムです。 前作は難産だった(?)オーケストラと共演した作品でした。  "From This Place"(https://jazz-to-…

続きを読むread more

"Human" Shai Maestro

Shai Maestroの新作は、前作(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64640536.html )に引き続き、ECMレーベルからのリリース。 前作はトリオでの演奏だったかが、本作ではトランペットが入るカルテット。 前作(2018)、前々作(2015)としっかりコンスタン…

続きを読むread more

"Let My People Go" Archie Shepp / Jason Moran

この盤は、新譜漁りをしているときに見つけたもの。 ここのところ気になる活動、作品がいくつか出てきているJason MoranがArchie Sheppとデュオでアルバムを作っているというのは、なかなかに興味をそそられた。 過去作では、  "Thanksgiving at The Vanguard" (https://jaz…

続きを読むread more

"Sure Thing" David Kikoski

David Kikoskiの新作は、共演の多いベーシストBoris Kozlovとのデュオ。 リーダー作は相応聴いているつもりでしたが、自blogを漁ると単独リーダー作は、2013年まで遡ってしまいました。  "From The Hip" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article…

続きを読むread more

"Drago" Diego Barber

Diego Barberのリーダー作を買うのは、これが4作め。 過去紹介の2作は以下の通り。  "411" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62134232.html )  "Choice" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article…

続きを読むread more

"Irene Of Boston" Francesco Cafiso

Francesco Cafisoの新作が出ました! 前作が2018年だったので3年ぶりってことになります。 前作は、"We Play For Tips" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64468291.html ) 本作は、オーケストラの入った作品で、パーカッションの…

続きを読むread more

"Odd Wisdom" Diego Pinera

Diego Pinera(パイネラと読むらしい)というウルグアイ出身のドラマーのリーダー作。 Diego Pineraを自blogで検索すると、Benny Lacknerとのピアノトリオ作が出てきました。  "Unknown Prophet" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/artic…

続きを読むread more