"Bootleg"の記事一覧

"TOKYO 1984" Carla Bley

Carla BleyのBootlegはAndy Sheppard, Steve Swallowとのトリオ作を過去に聴いています。  "Muenchen 2002" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/499411255.html )  "Finland 2015" (htt…

続きを読むread more

"Hamburg 1972 1st Set" Keith Jarrett

Keith JarrettのBootlegを中古で見つけて買い込んできたもの。 棚に並べられているときに、宣伝の紙が封入されていて、ECMから2015年にリリースされたアルバムと同じ日の録音とのこと。 ECM盤のほうは同日の2nd setで、本作は1st setの音源だそうです。  "Hamburg '72" (https…

続きを読むread more

"SF Jazz 2014" Herbie Hancock

SF JAZZというと、SF JAZZ COLLECTIVEというシリーズもの?で、えらく値段の高いアルバムがいくつも出ているという印象で、初期作は買ってますが、その後は手を出していません。  "SFJAZZ Collective" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a1986…

続きを読むread more

"Kursaal Bern 1986" Chick Corea Elektric Band

Chick Corea Elektric Bandのデビュー当時のBootlegを購入したのでその紹介。 個人的には、BootlegのCDを入手していますが、同じ音源はyoutubeで見ることができます(https://www.youtube.com/watch?v=mwMNkJqTUwU&t=748s ) CC…

続きを読むread more

"Finland 2015" Carla Bley Trio

カバー集が立て続けにリリースされその名曲の素晴らしさにちょっとヤられているCarla Bleyのリーダー作は、実はあまり聴いていないどころか、未紹介のいくつかを聴いたことはある(図書館で借りてとか..)が、あまりピンときていないというのが正直なところ。 これまでも複数のライブで彼女の作品をとりあげられていたが、それでもそう…

続きを読むread more

"Muenchen 2002" Carla Bley Trio

カバー集が立て続けにリリースされその名曲の素晴らしさにちょっとヤられているCarla Bleyのリーダー作は、実はあまり聴いていないどころか、未紹介のいくつかを聴いたことはある(図書館で借りてとか..)が、あまりピンときていないというのが正直なところ。 これまでも複数のライブで彼女の作品をとりあげられていたが、それでも…

続きを読むread more

"Minneapolis 2019" Pat Metheny Side Eye

Pat MethenyのSide-Eyeという名称のプロジェクトのライブ音源。 Side-Eyeという名称は、2019年初頭に、Nate Smithが入ったバンドで来日公演をしています。  "TOKYO 2019"-2 (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469459455.h…

続きを読むread more

"London 2022" Pat Metheny Side Eye

Pat MethenyのSide-Eyeという名称のプロジェクトのライブ音源。 Side-Eyeという名称は、2019年初頭に、Nate Smithが入ったバンドで来日公演をしています。  "TOKYO 2019"-2 (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469459455…

続きを読むread more

"Mashantucket 2021" Pat Metheny Side Eye

Pat MethenyのSide-Eyeという名称のプロジェクトのライブ音源。 Side-Eyeという名称は、2019年初頭に、Nate Smithが入ったバンドで来日公演をしています。  "TOKYO 2019"-2 (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469459455…

続きを読むread more

Branford Marsalis "Village Vanguard 1989"

Kenny Kirklandの入った、Branford Marsalisのレギュラーバンドのライブ音源。 Kenny Kirklandは、Branford MarsalisともどもStingのツアーメンバーとして参加していた時期があり、巷の評判通りその演奏が凄いことから、Kenny Kirklandがいた頃のライブ音源が聴…

続きを読むread more

"France 2018" Julian Lage Trio

Julian Lageのトリオでの2018年のライブのBootleg。 Bootlegがでるってのが、世間に認知され人気になっているという証な気もするので そういう意味では、凄いことだと思います。 2018年というと"Modern Lore" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/arti…

続きを読むread more

"Live Under The Sky 1992" Pat Metheny Group

Pat Metheny GroupのBootlegです。 現在所有しているのは、多少の漏れはありそうだが、以下のような感じ。 blog紹介しているものもしていないもののある。  1977 "Blue Asphalt"  1977 "A New Phase of The Guitar"  1979 "Clouds" …

続きを読むread more

"Italy 1996" Paul Motian Electric Bebop Band

Paul Motian Electric Bebop Bandのライブ音源なんてのを見つけまして買い込んできました。 このバンドは、中古でだったと思うが、1stアルバムから気に入って聴いていまして、たぶんアルバム全部持っているはずです(ちょっと自信ない) これを機会にと、全貌を探ったのが以下の通り。 1992 "Paul …

続きを読むread more

"Sacred Heart Univ 1986" Donald Fagen

Donald Fagenの1986年の音源ってのを見つけたので、bootlegなんですが速攻買いを決めて買い込んできたもの。 一般的には、Donald Fagenの音楽活動として、1982年に"NightFly"をリリースしたあと1988年に"Century's End"がシングルリリースされるまで表舞台に出てくるような場面は…

続きを読むread more

"Saint Paul 2017" Brad Mehldau/Chris Thile

Brad MehldauとChris Thileのデュオ作てのが2017年にリリースされてまして、これはそのときのライブ(ラジオ)音源ということになります。 オリジナルも当然聴いていまして、下記紹介文になります。  "Chris Thile & Brad Mehldau" (https://jazz-to-audio…

続きを読むread more

"Donald Fagen's The Nightfly Live" Donald Fagen

2021年9月に、Steely Dan名義の作品と同時リリースされたDonald Fagen名義のライブ作。 2017年にWalter Beckerが亡くなった後の2019年に下記メンツで行われたライブ音源。 Donald Fagen(Vo,P) Keith Carlock(Ds)、Freddie Washingt…

続きを読むread more

"Northeast Corridor: Steely Dan Live!" Steely Dan

2021年9月に、Donald Fagen名義の作品と同時リリースされたSteely Dan名義のライブ作。 2017年にWalter Beckerが亡くなった後の2019年に下記メンツで行われたライブ音源とのこと。 メンツは以下の通りで、個人的にはKeith Carlockがそそられる。この後紹介のDonald Fag…

続きを読むread more

"Side-Eye NYC (V1.IV)" Pat Metheny

Pat Methenyの新作は、Side-Eyeという名称のプロジェクト。 Side-Eyeという名称は、2019年頃に、Nate Smithが入ったバンドで来日公演をしています。  "TOKYO 2019"-2 (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469459455.ht…

続きを読むread more

"Merci Miles! Live At Vienne" Miles Davis

Miles Davisの晩年のKenny Garrett, Foleyらが入ってた頃のサウンドが好きだった頃があり、Boot含め複数の音源を、実は所有しています。 自blogで紹介しているのは、1989年の音源だけなので、積極的に聴いていたのはblog開設以前(というかMiles Davis存命中)ってことになります。 …

続きを読むread more