"Bootleg"の記事一覧

Dave Holland "Enjoy Jazz 2016"

アルバムタイトルに記載はありませんが、AZIZA(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63972333.html )のリリースツアーでのライブ音源のようです。 AZIZAは突如アルバムがリリースされその後のアルバムリリースもなく、活動の情報もほとんど日本には入ってこなかったはず。…

続きを読むread more

Pat Metheny "TOKYO 2019"-2

Pat Methenyが2019年初頭に、BlueNote東京に3週間くらいぶっ続けで登場していました。そのときは、3つのユニットでの演奏が披露されていて、エリック・ミヤシロをフィーチャしたビッグバンド、前回紹介のドラムレストリオ、そして今回紹介のSIDE EYEとして活動を続けているバンドでありました。本作は、4枚組でリリースされたB…

続きを読むread more

Pat Metheny "TOKYO 2019"

Pat Methenyが2019年初頭に、BlueNote東京に3週間くらいぶっ続けで登場していました。そのときは、3つのユニットでの演奏が披露されていて、エリック・ミヤシロをフィーチャしたビッグバンド、今回紹介のドラムレストリオ、そしてSIDE EYEとして活動を続けているバンドでありました。本作は、4枚組でリリースされたBootle…

続きを読むread more

Brad Mehldau "TOKYO 2019"

Brad Mehldau が2019年の5月末から来日公演を行っていましたが、本作はその中から6/1の東京国際フォーラムでの演奏を収録したBootlegです。これ以外にも5/30の兵庫、5/31のサントリーホールの演奏もリリースされているようで、それだけ話題性の高いライブだったことが知れます。Bootlegなんで、人によっては拒絶反応を…

続きを読むread more

Herbie Hancock "Montreux Jazz Festival 1987"

新作を作っていると言われているHerbie Hancockですが、ここのところ表舞台に出てくるのはフェスティバル等イベントに呼ばれてスペシャルバンド的なものでの演奏をしているような印象。と、最近(2019夏)のスケジュールを調べたら、Herbie Hancock, Vinnie Colaiuta, James Genus, Lion…

続きを読むread more

Pat Metheny Group "Vienna 1991"

Pat Metheny Groupの非正規盤も実は多数所有していまして、一時はいろいろ買い漁ってましたがキリがないのでひとつのツアー(概ねアルバムが出るとツアーに出る)に1枚は買うくらいにしています。 で、70年代後半と2000年以降は概ね時期ごとの音源を所有できているつもりなんですが、一番人気のあった、そしてツアーも精力的だった…

続きを読むread more

Herbie Hancock "Tokyo 2016"

2010年にアルバム "Imagine Project"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59963827.html) がリリースされてからなりを潜めている(わけではなくAnniversary的なイベントでだけ名前を見る)Herbie Hancockですが、ここ数…

続きを読むread more

"Another Track of Kind of Blue” Miles Davis

このブログを開始したのが2005年2月で、Miles Davisが没したのが1991年9月。 このブログは新譜紹介を主としているのでMiles Davisが登場することはほとんどないんですが、検索すると7つの記事がありました。 初期に紹介の旧作(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/…

続きを読むread more

"Live In The '70s" Pat Metheny

ラジオ音源を元にしたアルバムを多数リリースしているHi-Hatレーベルから、Pat Methenyの5枚組アルバムがリリースされました。 これまでに1980年代のPMG作品2つ他を、自身所有の音源と見比べて時期ごとに1枚所有を目安に穴埋め的に購入しています。  "PMG 1987"(http://jazz-t…

続きを読むread more