"JAZZ(2022)"の記事一覧

"Standart" Tigran Hamasyan

Tigran Hamasyanの2022年前半にリリースされていたアルバム。 発売前に予約を入れてあったのですが、結局某サイトでは入荷されずに購入を諦めたもの。 最近になって、お借りすることができたところでようやく聴くことができました。 以前の紹介は2020年の下記作で、これが前作で合っているよう。  "Call W…

続きを読むread more

"Alive At The Village Vanguard" Fred Hersch / Esperanza S…

Fred HerschとEsperanza Spaldingのデュオ作がリリースになりました。 ただし、Esperanza Spaldingはベースを弾かずボーカルだけ。 Fred Herschは、Village Vanguardで定期的にいろいろな人とのデュオでの演奏を行っているそうで、その一環としてEsperanza…

続きを読むread more

"Live in Italy" John Patitucci Trio

John Patitucciのリーダー作で、新作の告知がありメンツを見てリリースを心待ちにしていたのですが、CDでの販売がいつまでたっても始まらない。 結局、CDでのリリースがないことを認識したところで、これは聴きたかったのでダウンロードで購入した次第。 海外ではダウンロードだけでも、国内盤がリリースされるパターンもあるとこ…

続きを読むread more

"Tripwire" Will Vinson

Will Vinsonのリーダー作を聴くのは昨年の下記作品以来。3者対等名義なのでリーダー作と言えるかというのもあるが..。  "Trio Grande" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/479912656.html ) この盤と同じメンツで2018年にもアルバムが出ていた…

続きを読むread more

"View With A Room" Julian Lage

Julian Lageの新作は、Bill Frisellとの2ギター作。 前作は、Tzadikからのリリースの3ギター作で、このアルバムもBill Frisellが入っていました。  "Garden Of Forking Paths" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/490…

続きを読むread more

"Long Gone" Redman, Mehldau, Mcbride, Blade

Joshua Redman, Brad Mehldau, Christian Mcbride, Brian Bladeという豪華なメンツでのアルバムの2作め。 ただし録音は前作のときと同じで、もしかしたらそもそも複数枚出すつもりで録音していたのかもしれませんが、1枚めから漏れた演奏を集めただけかもしれません。 その前作は…

続きを読むread more

"New Standards Vol.1" Terri Lyne Carrington

Terri Lyne Carringtonのリーダー作を買うのは、いつ以来か。 15年以上続けているこのblogにリーダー作の記録がないので、かなりの期間縁がなかったということです。 本作は、  "In Common 3" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/49003489…

続きを読むread more

"Shift (Bad Hombre Vol.II)" Antonio Sanchez

Antonio Sanchezのリーダー作は、2018年2019年の下記が近作といううことになるので、ちょっと久々ということになるが、コロナ禍で活動を控えていたということかもしれません。  "Channels of Energy"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6452251…

続きを読むread more

"Reflections" Al Foster

Al Fosterの参加作は多数聴いている記憶があるが、リーダー作となると2009年紹介の下記作までさかのぼることになって、ちょっと驚く。  "Brandyn" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a58939181.html ) 通販サイトを漁ると、この間にもいくつかアルバム…

続きを読むread more

"Out In It" Thomas Linger

Thomas Lingerというピアニストのリーダー作で、これは聴かせてもらってます。最近聴かせてもらってる音源多いです。ありがたいことです。 このピアニストは、このアルバムが初リーダー作のようですが、メンツが良いので食指が動いたところが大きいです。 そのメンツは以下の通り。 Thomas Linger(P)、Pete…

続きを読むread more

"Americana, Vol.2" J.D. Allen

J.D. Allenのリーダー作を聴くのはこれが2作め。前作は2019年に紹介しています。  "Barracoon" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469927974.html) 本作は、Vol.2とあるように、Vol.1があるはずなのですが、たぶん2016年の下記作…

続きを読むread more