"JAZZ(2022)"の記事一覧

"Brooklyn Calling" Stan Killian

Stan Killianの9年ぶりのリーダー作とのことで、これは聴かせてもらった音源。 名前に記憶がないので自blogを漁ってもヒットしなかったので完全に初聴きの人。 ちなみに前作は、  "Evoke" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00B5DWH8E/ ) メンツですが、Paul Bo…

続きを読むread more

"Mid Summer Odyssey" Randal Despommier

Randal Despommierというサックス奏者が、鬼才Ben Monderと組んだデュオ作ってことで、これは聴かせてもらってます。 Randal Despommierははじめて聞く名前ですが、ニューオリンズ近郊の出身で2010年頃から頭角を現してきた人。 これが2枚めのリーダー作のようです。 本作は、スウェーデン…

続きを読むread more

"On The Town: Plays Leonard Bernstein" Pete Malinverni

Pete Malinverniの新作はLeonard Bernstein作品集で、これは聴かせてもらってます。 Pete Malinverniの名前に記憶はあるので過去作も聴いているはずだが、自blogに紹介はないのでしばらく聴いていなかったのでしょう。 たしか、2001年頃の下のアルバムは持っていたような..。 …

続きを読むread more

"Healing Power" Steve Cardenas

Steve Cardenasのリーダー作を聴くのは、2020年の"Blue Has A Range"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/477487384.html )以来。 実は、2018年の"Charlie & Paul"(https://jazz-to-audio.…

続きを読むread more

"Be-Bop!" Pasquale Grasso

Pasquale Grassoのリーダー作は、先日Duke Ellington集を紹介しています。  "Pasquale Plays Duke" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/486060761.html ) 本作は、Be-Bopとタイトルされたもの。 1988…

続きを読むread more

"Shifting Sands" Avishai Cohen

ベーシストのAvishai Cohenのリーダー作は2021年の"Two Roses"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/482825606.html )以来。 Avishai Cohenは、イスラエル色の濃い作品とジャズ色の濃い作品が交互にリリースしているようで、前作がイスラエ…

続きを読むread more

"Swing On This" Opus 5

2011年~2015年にかけて4枚のアルバムを出していた、オールスターセッション的なメンツによるアルバムが7年ぶりにリリースされました。 このバンドは、Criss Crossレーベルだけでリリースされていたが、レーベルオーナーが亡くなったことからレーベルの応援的な意味合いもあっての再結成リリースかなと勘繰ってます。 ちな…

続きを読むread more

"Every Note Is True" Ethan Iverson

2020年にThe Bad Plusから脱退したEthan Iversonの脱退後2枚めのリーダー作。 前作は、2管クインテットにUmbria Jazz Orchestraを従えた大所帯でのBud Powell曲集。  "Bud Powell In The 21st Century" (https://jazz-to-aud…

続きを読むread more

"Live In Italy" Peter Erskine

Peter Erskineのピアノトリオっていろいろ聴いていたつもりだったが、自blogを漁っても、なにもヒットしてこない。 これ "Live at Rocco" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00004TUVC/ ) とか聴いていた気がするが、これは2000年なので、blog開設前のリリース…

続きを読むread more

"Quarantine Dream" Caili O'doherty

Caili O'dohertyという女性ピアニストの2枚めのリーダー作。 初作は2016年にリリースされていたようです。  "Padme" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00ZVA1M6K/ ) とはいえ、本作はNicole Glover目当てでの購入なので、それ以上の情報はあまり調査して…

続きを読むread more

"Isabela" Oded Tzur

Oded Tzurのリーダー作を買うのは、これが2枚め。  "Transrators Note" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64103048.html )  "Here Be Dragons" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/ar…

続きを読むread more

"Origin" Joey Alexander

Joey Alexanderはインドネシア出身で、2003年生とのことなのでこの紹介文の時点で19歳ということになる。 2013年にHerbie Hancockに絶賛され、2015年に"My Favorite Things" (https://www.amazon.co.jp/dp/B00TZE3W0C/ )でデビュー。これが…

続きを読むread more