"JAZZ(2023)"の記事一覧

"Return To Casual" Walter Smith III

In Commonを除外すると、かなり久々なWalter Smith IIIのリーダー作がリリースされました。 参考に In Common は現在まで3枚がリリースされていてその紹介は以下のとおり。  "In Common" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6474637…

続きを読むread more

"You Are The Song" Jean Michel Pilc

Jean Michel Pilcも新譜を見つけたら入手を試みるミュージシャンですが、欧州だとすべてが入手できるわけでもなく、買い逃していた旧作になるとさらに入手は困難になってくることになります。 自blogを漁ると、以下のような感じでずらりと並びますが、これでもすべてではないことは本人のhp(https://www.jeanm…

続きを読むread more

"Unwinding" Steve Millhouse

Steve Millhouseというコントラバスギター奏者のリーダー作で、この人は初聴きで、この盤も聴かせてもらってます。 楽器を演らないので、コントラバスギターと6弦ベースとどう違うか良くわからないですが、どうやらベースの4追加する6弦めを低音側でなく高音側に追加しているってことのようです。 このアルバムはそのコントラ…

続きを読むread more

"Life & Fire" Omer Klein

Omer Kleinのリーダー作を買うのは、デビュー作以来でした。  "Introducing Omer Klein" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a53868097.html ) このあと7~8枚程度はリーダー作が出ていたようですがいずれも縁はありませんでした。 で…

続きを読むread more

"Corridors" Kendrick Scott

前作が、2019年の "Wall Becomes A Bridge" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64816615.html ) なので約4年ぶりの新作ということになる。 この間、参加作もあまり聴いた記憶がなくて、自blogを検索したら、  Jimmy Green…

続きを読むread more

"At First Light" Ralph Towner

御年83となるRalph Townerの新作がリリースされました。 過去作は下記3枚を紹介していますが、所有しているかというと...。  "Chiaroscuro"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a59124497.html )  "Open Letter"(http://…

続きを読むread more

"Art Of Intimacy Vol.2: His Muse" Jeremy Pelt

Vol.2ということでVol.1があったわけだが、2020年にリリースされていました。  "Art Of Intimacy Vol.1" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/473918098.html ) このバンドとは別にレギュラーグループを持っていて、この2作の間にそ…

続きを読むread more

"Layers" Julian Lage

Julian Lageの新作は、"View With A Room"と同じセッションで録音されたもののようで、ジャケットのデザイン(色合い)も似たつくりになっているのは、そういうことだと思う。  "View With A Room" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/49468…

続きを読むread more

"Prime" Christian Mcbride

正確には、Christian Mcbride's New Jawnというバンド名で、その2作めということになります。 初作は "Christian Mcbride's New Jawn" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64707632.html )。 Chris…

続きを読むread more

"Eye Of I" James Brandon Lewis

James Brandon Lewisの2021年のアルバム"Jesup Wagon"が、DownBeat誌の2021年のAlbum of The Year の1位になってるのを教えてもらいまして、こりゃ凄いってんで、いくつかのアルバムを聴かせてもらい、いくつかのアルバムを購入しています。 紹介した近作のリリース順ですが、たぶ…

続きを読むread more

"Mela's Vision" Alex Sipiagin

前作が同じ2管でもメンツはがらりと変わっていて、リズム陣が、Art HiraharaトリオからDavid kikoski, Matt Brewer, Johnathan Blakeのトリオになり、サックスがDiego RiveraからChris Potterに変わっている。 Chris Potterとは、2010年頃のCris…

続きを読むread more

"Standards, Vol.2" Dan Arcamone

Dan Arcamoneのスタンダード集の2作めです。 前作は下記なんですが、Vol.2が配信だけだったようでしばらく見逃しています。  "Standards, Vol. 1" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/480484719.html ) ちょっと前にVol.2が…

続きを読むread more