あったらしいKANGOO

あったらしいKANGOOがフランクフルトショーで発表になっています。
http://www.renault.com/renault_com/en/main/40_VEHICULES_ET_SERVICES/Nouveau_Kangoo/index.aspx

全体のスタイルが変わっているのは当然ですが(笑)
ちょっと、気になる、気になった箇所を挙げていくと

<内側>
シフトレバーがダッシュボード中央下部から生えているようになっています。これは操作性向上してるんじゃないでしょうか?現行のマニュアルは、(日本人には)シフトレバー遠くて使いにくそうな印象でしたから..
上部収納ボックス、現行は両サイドに前後方向についていましたが、新型は後席直上に左右方向についているようです。
後席の窓が開くようになっています。現行は、アレですから、しっかり開くのはいいなぁ..
リヤトレー取り付けが上下2段設置可能なようになっていることと、上段についているとき押し込むと後席背もたれ部に収納されるようです。
シートを倒すと、荷物置き場として、前席までフラットになるようです。
一番の違いは、なんといっても内側に鉄板が見えないことですかねぇ。

<外側>
屋根が、高いデザインではなくなっている。実際の中は高そうに見えますが、Kangoo独特な外見の印象は薄れてる感じでしょうか..
ルーフレールが、標準装備?のようです。で、レールの一部が90度動いてラックのようになるギミックがついています。
屋根開きはキャンバストップではなく、ガラストップになっています。ただ、開口部はちょっと狭くなった感じがします。

全体的には、前から見て縦長の印象が、だいぶ希薄になっていること。
横から見たとき、後ろの居住空間部分が大きく見える。現行は、ボンネット部分が結構目立つ。
バランス的には、現行のロングホイールベース版のような感じに見えるバランスって印象を持ちました。


で、肝心のサイズですが、全長4213?、全幅1829?、全高??、ホイールベース2697?
現行のサイズが、    全長4035 、全幅1675 、全高1810、ホイールベース2600
なので、一回り以上大きい印象です。
一番残念なのが、横幅の大幅な拡大で、上記値が正解ならば約15cmも拡大しています。
3ナンバー化は、clioを見ていたので覚悟していましたが、ここまでデカくなるとは .. 絶句


いろいろ眺めていると、どうやらセニックベースの荷車っていう位置づけのように感じています。
見た感じとか、見慣れたことも影響してか、好感触な感じになってきているのですが・・・・


      サイズがねぇ。。。。



同じショーで出展されている、kangoo compact conceptってのがあるのですが、これの市販化と国内導入がされると..

"あったらしいKANGOO" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント