"Life Songs" Marshall Gilkes

Marshall Gilkesは、おもにMaria Schneider Orchestra のメンツとして聴いているトロンボーン奏者のリーダー作で、メンツを見てもわかる通り大所帯の作品。 前作は聴かせていただいてましたが、今作と同様の大所帯ではあるが、あちらは実力者揃いのカルテットが中心となっているような感じだったが、…

続きを読むread more

"Moonlit" 加藤真亜沙

加藤真亜沙の3枚めのリーダー作。 過去作は以下のとおり。  ”Tales from The Trees” (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63894287.html )  "Soluna" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/arti…

続きを読むread more

"Songs Against Loneliness" Eva Klesse

Eva Klesseというドイツの女性ドラマーのリーダー作ですが、この人は参加作含め初聴きの人でした。 本人のhp(https://evaklesse.de/about/ )がありまして、そこで確認すると14枚のアルバムが掲載されているので、これが14枚めのリーダー作ということになるようです。 他のメンツですが、本来…

続きを読むread more

"Triple Play" Oz Noy

Oz Noyの新作です。直近の紹介が2023年7月なので1年に2枚のアルバムをリリースしたってことになります。  "Squeeze It" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/500054418.html ) これは、Ozone Squeezeの2作めという扱いだったという…

続きを読むread more

"Dust Settles" Pete Zimmer

Pete Zimmerというドラマーの6枚めのリーダー作になると思いますが、この人は初聴き。 ただし、他のメンツは知ってる名前が並ぶ。 Peter Bernsteinは言わずもかな。 Stacy Dillardは、"Good & Bad Memories" (https://jazz-to-audio.sees…

続きを読むread more

"Scenes" WYP TRIO

南さんの新作は、映画のエンディング曲を収録したもの。 その映画は、「白鍵と黒鍵の間に 」(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a53793479.html )で、2008年に出版された南さんの著作。 映画は、ここに書かれている話(バブル期のたぶんほぼ実話)を元にして、コミカルに仕…

続きを読むread more

"Old Folks" 渋谷毅 / 武田和命

渋谷毅と武田和命が共演した記録で、1985年12月に西荻窪のアケタの店で行われたライブの音源とのことで、正式録音ではないようです。 後述のとおり演奏の途中で話し声が入ってたりするのですが、記録が残っていたことが凄いことだと思います。 武田の演奏は、過去に渋谷毅オーケストラを除くと下記2作を紹介していますが、この頃の日本人…

続きを読むread more

"波紋" 菊地雅晃

菊地プーさんの甥にあたる菊地雅晃のアルバム。 wikiには、菊地成孔のQuintet Live Dubに参加していたとありますが、このユニットではアルバムは出てないので、自blogで菊地雅晃を検索してもなにも引っかかりませんでした。 Dub Sextetでは3枚もアルバム出ているんですが..。 菊地雅章Slash Trio…

続きを読むread more

"Swing Low" Michael Dease

Michael Deaseのリーダー作を聴くのはこれが初です。 調べると、2005年から15枚以上のリーダー作を出していて、縁がなかったというか、トロンボーンとかバリトンサックスの人のリーダー作になかなか手が出ていないということでしょう(偏見) 前作のメンツもそそられるので、あまり偏見を持たないほうがいいと思います。  "…

続きを読むread more

Temp(20231223)

Tempのメンツは以下の通り 伊地知大輔(B)、魚返明未(P)、加藤一平(G) 昨年リリースされたCDは、2022年のベスト3に選ばせてもらいました。  "Temptation" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/490644583.html ) 昨年12月と本年4月…

続きを読むread more

2023年のBEST3

相変わらずコンスタントにCDを購入していますが、円安で輸入盤が如実に値段が上がり、某通販サイトでは相変わらず入荷が芳しくないと、なかなか聴きたい音源が聴きにくい状況になってきています。 そんななか、今年も新譜会はしっかり4回開催できました。このblogでの新譜紹介も同じペースで続けることはできました。 年間ベストにつ…

続きを読むread more

"This" J.D. Allen

J.D. Allenを聴くのは2019年の作品以来。  "Barracoon" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/469927974.html ) これが自分の聴く2枚めのリーダー作ということになるが、調べると(wikiが詳しい https://en.wikipedia.…

続きを読むread more

"Echo Canyon" Art Hirahara

Art Hiraharaのリーダー作を聴くのは、今年初頭紹介の下記作以来。この時期の紹介なので2022年の作品で、今回も年末には聴いているので、年1枚リリースというペースが出来上がっているということでしょう。  "Verdant Valley" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article…

続きを読むread more

「私の新譜を試聴する会」 [2023年の4回目](202312)

私が関わってる、ここで開催報告している「新譜試聴会」は、中央線立川手前の国立駅にある「中央線ジャズ」の牙城「NO TRUNKS」(http://notrunks.jp/ )で、年4+1(+1は年間ベスト)回開催されています。 場所は、お店のURL(http://notrunks.jp/ )で、開催時期は、前期URLか、本blo…

続きを読むread more

"Uncle John's Band" John Scofield

John Scofieldの新作がでました。これがECMから出る3作めということになります。 前2作が、ちょっと企画ものぽい感じがあったので、今作がJohn ScofieldのECMでの本領ではないかと推測。 前作がソロ作 "John Scofield" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/a…

続きを読むread more

"SYMBIOSIS" 竹内直, 市川秀男

竹内直は、自blogを漁るとスガダイローのアルバムに参加しているものがいくつか出てくる。 ライブは2011年に2回見ています。  "20110304" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a60335620.html )  "20111113" (https://jazz-t…

続きを読むread more

森田修史トリオ+1(20231209)

2日続けてのライブ参戦です。 それだけ見逃せないライブが続いたということです。 そんな2日めは、若手注目のドラマー 中村海斗 が初登場ということです。 今年、リーダー作が出てまして、下記で紹介しています。  "BLAQUE DAWN" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article…

続きを読むread more

謝明諺4(20231208)

先日紹介した台湾のサックス奏者である、謝明諺(シェ・ミンイェン)がいつものお店でライブを行うということで期待感いっぱいに赴きました。 紹介したアルバムは下記  "Our Waning Love" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/500418126.html ) 金曜と…

続きを読むread more

"Tranesformation" Brian Melvin

Brian Melvinのリーダー作を聴かせてもらう機会をいただきました。 Brian MelvinというとJaco Pastoriusの晩年に共演していた人として認識しています。 なもんで、まだ活動をしていたのかと、正直ちょっと驚いたんですが(汗 もっとも、Jaco Pastoriusと共演していた頃は相当若かったらしい…

続きを読むread more