"Locura de Amor" 天辰直彦, 永武幹子

永武幹子がデュオでのアルバムを出すのはこれが3枚め。  加納奈実との"Jabuticaba"(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/481276617.html )、  吉田哲治との"Live at なってるハウス"(https://jazz-to-audio.seesaa.n…

続きを読むread more

"Mistaken Identity" Ron Blake

Ron Blakeのリーダー作を聴くのはこれが初めて。 本人のhp(https://www.ronblakemusic.com/music )を見るとこれが5枚めのリーダー作だが、1965生なので年齢の割には多作というわけではない。 本作も前作から15年ぶりになるよう。 参加作も掲載されているが、自blogを漁ってみたがこ…

続きを読むread more

"An Indian's Life" Henri Texier

Henri Texierのリーダー作を聴くのは、2020年の "Chance" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/475116260.html )以来。 ただしこの作品がリーダー作としては初聴きだったので、名前は昔から認知していたんですがそれだけ自分には縁薄い人ということに…

続きを読むread more

永武幹子ソロ 独壇場 (20231127)

2週間前に魚返君のピアノソロを聴いていますが、今回もピアノソロです。  "魚返明未 ソロ(20231118)" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/501494788.html ) 永武幹子ソロは前回は本年5月に聴いています。  "20230522" (https://jaz…

続きを読むread more

"Movement" Daniel Santiago / Pedro Martins

Daniel SantiagoとPedro Martinsが共演しているアルバムは複数出ていまして、個人的にも気になるものは購入して聴いています。 自blogを漁ると、ざっと以下のようなアルバムが出てきます。  "Simbiose" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a6…

続きを読むread more

"Mesmerism" Tyshawn Sorey

最近話題のドラマーであるTyshawn Soreyの新作 "Continuing" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/500936536.html ) を先日紹介しましたが、それに前後して前作を購入しましたのでその紹介です。 一般的には、新作よりこちらが良いと言われているら…

続きを読むread more

魚返明未 ソロ(20231118)

今回が自身の参戦としては2回めとなる魚返明未のピアノソロ。 前回の記録は以下のとおり。  "魚返明未 ソロ(20230318)" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/498636480.html ) 実際には、これが3 or 4回目になると思います。 18時開場直後…

続きを読むread more

"Magnificent" Brad Turner

Brad Turnerというトランぺッターはたぶん初聴きの人。 他のメンツを眺めても Peter Bernstein 以外は記憶にない名前が並んでいます。 正確には、Neil Swainson, Quincy Davisは1枚づつ参加作が見つかりましたが、聴いた記憶は...。 ということで、本作は Peter Bern…

続きを読むread more

"Dance Of The Elders" Wolfgang Muthspiel

Wolfgang Muthspielは、最近ではECMの顔と言ってもいいくらいの存在感を見せていると思うが、近作も2018年、2020年とコンスタントにリリースされ、前作は自身の年間ベストにも選んでいる。  "Angular Blues" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/articl…

続きを読むread more

"Return" Joel Haynes

Joel Haynesのリーダー作は約10年前に1枚聴いていました。  "Transitions" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62362248.html ) 前作もそうでしたが、本作もSeamus Blakeの参加で買いを決めています。 Seamus Blak…

続きを読むread more

片山広明

御大 片山広明の命日は11月13日です。(2018年11月13日没) もう5年も経ってしまいました。 渋さ知らズの中心として  "ケイハクウタガッセン" http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a49624236.html RC Successionのホーン部門…

続きを読むread more

"Where Are We" Joshua Redman

Joshua Redmanの新作は、女性ボーカルが大幅にフィーチャされたもの。 近作は、Brad Mehldau, Christian Mcbride, Brian Bladeとの4頭作が2作立て続けにリリースされています。  "Roundagain" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/…

続きを読むread more

"Refract" Blankfor.ms

本作は、Jason Moran, Marcus Gilmoreの名前を見て買いを決めているので、リーダーのBlankFor.msという人はあまり意識していなかった。 そんな状況なので少し調べてみると、「ブルックリンを拠点とするアンビエント・アーティスト、Tyler GilmoreことBlankFor.ms」なんて文が見つかった…

続きを読むread more

"Heartbeat" Ben Winkelman

本作は、完全にメンツ買い。Gilad Hekselmanの参加が決定打でしょう。 リーダーのBen Winkelmanというピアニストは初聴きです。 少し調べてみたら、2005年に初リーダー作をリリースし、これまでに5枚のリーダー作が出ていたようですが、すべてピアノトリオ。 2019年の前作が本作と同じベース、ドラムで…

続きを読むread more

"Brexit Music" Baptiste Trotignon

Baptiste Trotignonも、ほぼ出たら買いをしているピアニストではあるが、最近はオーケストラとの共演だったり、組曲だけで1枚作っていたりとちょっと凝った作品が続いているという印象。 近作は以下のとおり。  "Share" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a573…

続きを読むread more

"Foresight" 大林武司

大林武司のリーダー作を聴くのはこれが初になります。 過去に、黒田卓也、石川紅奈のアルバムに参加しているのは聴いています。  "Zigzagger" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63889659.html )  "Fly Moon Die Soon" (https…

続きを読むread more

"Quatrain" Gyan Riley/Julian Lage

鬼才John Zornが主催するTzadikレーベルからリリースされた、ギター2人によるアルバム。 その2人がタイトル欄記載の人で、前作がさらにBill Frisellも加えたギタリスト3人のアルバムでした。  "Garden Of Forking Paths" (https://jazz-to-audio.seesaa.n…

続きを読むread more

"Hamburg 1972 1st Set" Keith Jarrett

Keith JarrettのBootlegを中古で見つけて買い込んできたもの。 棚に並べられているときに、宣伝の紙が封入されていて、ECMから2015年にリリースされたアルバムと同じ日の録音とのこと。 ECM盤のほうは同日の2nd setで、本作は1st setの音源だそうです。  "Hamburg '72" (https…

続きを読むread more

"Exquisite Moment" Joel Goodman

Joel Goodmanを聴くのはこれが初めてだが、購入動機はメンツの良さ。 先日リーダー作が出たばかりのDonny McCaslin  "I Want More" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/500506243.html ) 2017年からリーダー作が出てないA…

続きを読むread more

"Mischief" Mark Guiliana

本作は、ジャケットデザインが同傾向の前作 "Sound Of Listening" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/497605992.html )とメンツが同じで、発売時期が近いことからわかるとおり、同じセッションからの2作めということになります。 一応、日本限定でのC…

続きを読むread more