"Trio Grande Urban Myth" Will Vinson, Gilad Hekselman, Na…

アルバムタイトルが"Trio Grande"でメンツは3人並列表記が前作から踏襲されていて、サブタイトルにUrban Mythが付加されているということでよさそう。 これは、その4年ぶりの新作で、前作の紹介は以下のとおり。  "Trio Grande" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/ar…

続きを読むread more

"Solid Moments" Idle Hands

Idle Handsは昨年夏に新作の存在を教えてもらい、慌てて買い込んできました。  "Get A Grip" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/500418101.html ) 前作にあたる"Solid Moments"を見つけられたのでその紹介です。 こちらは2020年…

続きを読むread more

"Days In The Desert" High Pulp

本作は、先日の2023年の年間ベスト大会(https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/502185947.html )でかかった盤で、おもしろかったので聴くタイミングをうかがっていたもの。 ようやく聴くことができたので、紹介します。 High Pulpというユニットは2017年に結成され…

続きを読むread more

Temp(20240302)

TempのNo Trunksでのライブはこれまでほぼ皆勤賞ではないかと思うが、その記録は以下のとおり。  "(20221209)" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/494660101.html )  "(20230408)" (https://jazz-to-audio…

続きを読むread more

"COAT OF ARMS" David Bryant

2022年に、のMarty Holoubekと石若駿とのピアノトリオがリリースされていたが、本作はそれに続く同じメンツの2作め。 1作目の紹介は下記。  "Higher Intelligence" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/493406902.html ) Da…

続きを読むread more

"Standards, Songs and Blues" Jean Michel Pilc

Jean Michel Pilcも新譜を見つけたら入手を試みるミュージシャンですが、欧州だとすべてが入手できるわけでもなく、買い逃していた旧作になるとさらに入手は困難になってくることになります。 本人のhp(https://www.jeanmichelpilc.com/discography ), wikiなどを確認すれば買い…

続きを読むread more

"Learn to Live" John Escreet

John Escreetのアルバムは2023年の下記作で  "Seismic Shift" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/497605945.html ) その紹介文にも書いてありますが、その前作にあたる2019年の本作は入手できずに聴くのを諦めていたもの。 ところがネ…

続きを読むread more

"Grand Company" Ray Gallon

Ray Gallonというピアニストは初聴きですが、本人のサイト(https://raygallon.com/bio-short )をみると30年以上活動をしている人らしいが、録音の項をみてもアルバムは2021年の作品1つしか紹介されておらずこれが2枚めのリーダー作ということになるようです。 本作は、重鎮Ron Carte…

続きを読むread more

"Charm" Rez Abbasi

正確には、 Naya Baaz というユニットのアルバムで、Rez AbbasiとJosh Feinbergがそのメンツということのようです。 が、わかりにくいので表題はRez Abbasiにしときます。 Rez Abbasiを聴くのは2021年の下記作以来。  "Django-shift" (https://ja…

続きを読むread more

"渡良瀬~ECHO~" 板橋文夫

板橋文夫の名曲「渡良瀬」のさまざまなテイクを集めてきたもので、たぶん初出が5テイク、既出が森山威男の入った2テイク(1,5)であっていると思う。  "おぼろ月夜" (https://www.amazon.co.jp/dp/B01DM0S312/ )  "Straight Edge" https://jazz-to-aud…

続きを読むread more

永武幹子ソロ 独壇場 (20240212)

前回が昨年11月で、そのときはJaki Byard特集でした。  "20231127" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/501585819.html ) 今回のライブの直前の2/3に山口真文とのデュオという気になる組み合わせがあったのだが、残念ながらこちらは都合がつかな…

続きを読むread more

"Call On The Old Wise" Nitai Hershkovits

Nitai Hershkovitsのソロは、2018年にリリースされていますが、これがソロとしては2作めということで大丈夫だと思います。  "New Place Always" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64553876.html ) リーダー作はすべて勝ってい…

続きを読むread more

"STEPS OF THE BLUE" 松井秀太郎

松井秀太郎は、国立音大ジャズ専攻を首席で卒業し、在学中から小曽根真にその才能を高く買われた逸材。 新譜会で、S氏がディスクを持ち込んでいまして、ジャケを見て2023年の国立音大の芸術祭でジャズ専攻のオーケストラ Gemstones Jazz Orchestra の演奏に客演していたのを思い出したのは、ストレートの髪の毛を長…

続きを読むread more

"Diatom Ribbons" Kris Davis

Kris Davisのリーダー作は、2017年に下記作を聴いていますが、その後は特に食指が伸びず..。  "Duopoly" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64032647.html ) 参加作は、最近の話題作に登場しています。  "In Common 3" (h…

続きを読むread more

"Most Peculiar" Lage Lund

Lage Lundのリーダー作としては、2019年の下記作以来なので4年ぶりになるのか。  "Terrible Animals" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a64789005.html ) ただしこの間にOWL Trioでのアルバムが出ているので、聴くブランクがあ…

続きを読むread more

"Valleys & Mountains" Rymden

Rymdenという、e.s.t.のベーシストとドラマーが、"New Conception of Jazz"(https://www.amazon.co.jp/dp/B000023XCM/ )で一世を風靡したBugge Wesseltoftと組んだバンドの、これが4作めになるようです。 3作め "Rymden + Kork" (…

続きを読むread more

"Lovesome Thing" Kurt Rosenwinkel / Geri Allen

Kurt Rosenwinkelの新作は、2012年にGeri Allenと行ったデュオでのライブの発掘音源。 ここのところ、アルバムを出しまくってまして最近2年で4枚のリーダー作。  "Plays Piano" (https://jazz-to-audio.seesaa.net/article/485983366.html…

続きを読むread more

「私の新譜を試聴する会」 [2023年の年間ベスト]

私が関わってる、ここで開催報告している「新譜試聴会」は、中央線立川手前の国立駅にある「中央線ジャズ」の牙城「NO TRUNKS」(http://notrunks.jp/ )で、年4+1(+1は年間ベスト)回開催されています。 場所は、お店のURL(http://notrunks.jp/ )で、開催時期は、お店の告知か、本b…

続きを読むread more