ラベル:ジャズ

"Across The Sea" Kevin Hays / Chiara Izzi

本作は、Kevin Hays, Nir Felder, Chris Potterなんて名前で購入を決めていますが、3曲めでPat Metheny のJamesを演ってるのもちょっと気になっているところ。 Chiara Izziというイタリアのボーカリストとの双頭アルバムなので、個人的嗜好からは微妙な部分もあるが、メンツの良さは筆舌…

続きを読むread more

"Begin Again" Fred Hersch / Wdr Big Band

Fred Herschの新作は、ビッグバンドとの共演。 Fred Herschも、最近あまり気にせず全部買いしているので、この作品の意義とかあまり気にせず買いを決めてますが..。 これまで聴いてきたFred Herschのアルバムは大半がソロかトリオで、菅との共演がAnat Cohenとのデュオ作だけを聴いています。  &qu…

続きを読むread more

"After Life" Noah Preminger

本作は、聴かせていただいた作品です。ありがとうございます。 下記、メンツを見ても、リーダー以下知ってる名前が非常に少ないのではありますが、criss crossレーベルなので、それだけを頼りに購入を決めている方も多数いたんじゃないかと推測できます。 個人的にも、トランペットのJason Palmerは過去にリーダー作(htt…

続きを読むread more

"Lady's Blues" Shinpei Ruike Quartet

類家心平のリーダー作で、これが通算5枚めのはず。個人的には、4枚めの購入で過去盤の紹介は以下の通り。  "4 AM"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62350850.html)  "Sector b"(http://jazz-to-aud…

続きを読むread more

"Winds Of Change" Alexa Tarantino

この盤も完全にメンツ買い。 ピアノが、Christian McBrideのライブ盤"Live at The Village Vanguard" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a63436384.html)での演奏を聴いてこりゃ凄いと意識したChristian Sands。 ベー…

続きを読むread more

Gwilym Simcock "Near & Now"

Pat Methenyが、Lyle Mays以来のレギュラーバンドにキーボーディストを擁したツアーを行ったのが2016年だったか。 このバンドの実況録音は、下記アルバムで聴いているのですが  "Dusseldorf 2018" (http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a…

続きを読むread more

もっと見る