ラベル:練習用

竹村一哲ds×井上銘g×織原良次eb (20170609)

この3人のユニットは、No Trunksでだけ演奏していてこれが2回めのライブ。 前回も聴きたかったがタイミングあわず残念ながら見送ったので、今回はけっこう前から楽しみにしていたので2週連続のライブで翌日イベントがあるが参戦。 竹村一哲は、板橋トリオのレギュラードラマーで、ライブでもCDでも聴取頻度はかなり高い。 最近聴いた…

続きを読むread more

E.J.Strickland "The Undying Spirit"

E.J.Stricklandの久々のリーダー作です。 前作は、2009年の"In This Day"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a57940361.html)なので実に6年ぶり。 その後、Luis Perdomoの"Universal Mind&q…

続きを読むread more

Alex Sipiagin "From Reality & Back"

ここのところ本当に多作なAlex Sipiaginの新作となります。 前作が7月紹介の"Live at Smalls"(http://jazz-to-audio.seesaa.net/article/a62033116.html) その前が4月紹介の"Overlooking Moments"…

続きを読むread more

Scott Colley "The Magic Line"

Scott Colleyの2000年リリースのリーダー作が、Artist Shareから再発されたものです。 某店店頭で見かけて、メンツがメンツなので、あまりいろいろ気にせず買い込んできた次第であります。 後から調べて、冒頭の事態を知ったことになります。 そのメンツは以下の通りのサックストリオとなります。。 Scott Col…

続きを読むread more

1周年

そう言えば、先週の土曜日で、開設1周年でした。 1周年記念セールでもすれば良かったかなぁ(^^;; 月ごとの書いてる日数を見ると、おおよそ3日に1回強のペースで始めているのですが 3ヶ月目(4月)に4日だけとここで挫折の気配を漂わせています(笑) が、後はペース維持をして、秋頃からほぼ毎日ぺースに突入という感じ現在にいたって…

続きを読むread more

映像

実は、個人的には、音楽の映像作品にはあまりこだわりがありません。 昨今は、映像作品が多いのも、そっち系装置の発展がめざましいのも 良く知ってはいるのですが、 ・たいがい、映像は1回見ると、その後見る機会はあるかないか ・サラウンドとか、装置が大がかりで... ・キリがない なんて感じで、装置も金かけてませんし、映像作品買…

続きを読むread more

もっと見る